手持ちのクレジットカードでお金も借りられます

買い物が目的で作ったクレジットカードにも、よく見るとキャッシング機能が付いていることも少なくありません。

キャッシング機能が付いていれば、クレカをCDに差し込んで暗証番号を入力するだけで、お金が借りられてしまうのです。

カードローンみたいなものです。

上手に使いましょう。

クレジットカードを作るとき案外気付かないキャッシング機能

個人的に、社会人になって最初にクレジットカードを作ったとき、物を買う際の支払いを簡単に分割にできたり、一括で払うにせよ実際の支払いを後回しに出来る利便性などを考慮しても、キャッシング機能までは検討しませんでした。

クレジットカードだから、あくまで買い物や飲食時の使い勝手を優先して、持つカードを選んだわけです。

しかし、今にして思うと契約時、キャッシング機能を付けるかどうかの項目があったような記憶もありますが、カードを作る時はほとんど目も通さずチェックを付けていました。

結果として、届いたカードにはクレジットと共にキャッシング機能が付いていて、最初は30万の限度枠が設定されていましたが、そもそもがクレジットカードとして利用を考えていたため、キャッシングについては少々お金が厳しいときでも使おうという頭がなかったですね。

つまり、付いていながら付いていることに気が付いていなかったようなものでした。

お店にあったCDでキャッシングをしてみた

入社1年目の冬は、初めてまとまった金額のボーナスが入る特別な季節ですね。

折りしも業界の景気はよかったので、先輩社員から1年目でも今年は期待できるぞ言われていたこともあり、楽しみに待っていました。

ところがいざ振り込まれてみると、何やかやと引かれていて、思っていた額とはずいぶんかけ離れていたのは誰しも経験するところでしょうか。

しかし、実際問題として困ったのは、ボーナスを当て込んで既にクレジットで欲しい物を大量に買い込んでしまっていたので、その支払いでボーナスはほとんど手に残らない状態であることでした。

街はクリスマスシーズンを迎えて歳末商戦真っ盛り。

淋しい懐に気持ちも寒くなりました。

そんな時、クレジットカードには買い物枠とは別に、キャッシング枠が設定されていることを知ったのです。

先に書きました30万の限度枠は、買い物とは別にキャッシング用に割り当てられた額ですから、30万丸々借りることが出来たのです。

既にクレジットでは買えない商品を前にして、そのまま立ち去ることがどうしても出来ず、店内のCDにクレカを差してみました。

真新しい1万円札を10枚手にしたときの充実感は忘れられません。

そのまま欲しかった商品が買えました。

ほとんどのクレジットカードにはキャッシング機能が付いている

手持ちのクレジットカードを今一度確かめてみてはいかがでしょうか。

キャッシング機能が付いていれば、改めてカードローンを作る必要はありません。

クレカは、万能の一枚だからです。

※現金が必要な方向けのおすすめクレジットカード現金化

サイトマップ